Round11  


JULY21

FRENCH GP   Circuit de Nevers Magny-Cours   4,251km×72Laps


(7/18)明日!開幕!
しかし、アロウズまたもや倒産の危機!

前戦では、「またまた倒産の危機」だったから、今回は3回目か?
普通の会社なら今回は幻の倒産だ(爆)

それにしても、どうなっちゃうんだろうねぇ〜。
プロストと同じ運命なのだろうか?
それならアウディとかに売ってワークスが増えたほうが面白いのになぁ〜。
資金難で前戦イギリスGPで欠場の危機にさらされたアロウズが、今週のフランスGPの参戦も危ぶまれていることが17日分かった。
飲料会社レッドブルへの身売り説も根強く残っており、正念場が続く。
17日にサーキットに到着したトランスポーターは、アロウズのロゴが消えた真っ白な車体だった。
   
(7/19)
【フリー走行1日目】
   
午前 
天気:晴れ 平均スピード(1位) 203.896 km/h
@バリチェロ、Aクルサード、Bミハエル、Cモントヤ、Dラルフ、Eライコネン。
 
午後 天気:晴れ 平均スピード(1位) 206.736 km/h
@クルサード、Aライコネン、Bミハエル、Cバリチェロ、Dラルフ、Eアーバイン。
 
(7/20)
【フリー走行2日目】
   
1回目 天気:晴れ 平均スピード(1位) 209.713 km/h
@ミハエル、Aバリチェロ、Bライコネン、Cクルサード、Dマッサ、Eモントヤ。
   
2回目 天気:晴れ 平均スピード(1位) 209.713 km/h
@ミハエル、Aライコネン、Bクルサード、Cバリチェロ、Dバトン、Eモントヤ。
 
【公式予選】 天気:晴れ 平均スピード(1位) 212.594 km/h
@モントヤ、Aミハエル、Bバリチェロ、Cライコネン、Dラルフ、Eクルサード。
 
モントヤは本当に速くなった。
まるでロータス時代のセナのようだ。
一発の速さはピカイチだが、マシン性能で勝てない。

アイルトン・セナのPP記録を超える可能性のある男かもしれない。(驚)

でも、ちょっと暴れん坊なのが心配だなぁ〜(爆)
  
(7/21)
【ウォームアップ走行】 天気:晴れ 平均スピード(1位) 206.320 km/h
@ミハエル、Aバリチェロ、Bトゥルーリ、Cマッサ、Dハイドフェルト、Eバトン。
  
 

2002年 F1 第11戦 フランスGP :2002/07/21(Sun) 23:59:13 
  

ミハエル・シューマッハー
歴史を変えるのか?
中だるみするグランプリにとどめを刺すのか(爆)
   

--------------------------------------------------------------------------------
> バリチェロ、フォーメーションにスタート出来ず! (2002/07/22(Mon) 00:09:32) 
またもや不運に見舞われるバリチェロ!

本当にどうなっちゃっているのだろう?
可哀想なバリチェロちゃん!

でも次戦からは勝ってもチームオーダーは
出ないと思えば自作自演の騒動だったりして(嘘)
> スタート! (2002/07/22(Mon) 00:12:30) 
本当に佐藤琢磨も不運だ!
誰かとぶつかってしまう。

速さを認められるには結果も大事だ!
納豆走法じゃダメだから、

結果が出て速い・・・。
ジョーダンじゃダメかもねぇ〜。
せめてザウバー辺りなら。。。(希望)
> 佐藤琢磨とパニスが接触だ! (2002/07/22(Mon) 00:12:47) 
> @モントヤ、Aミハエル、Bライコネン、Cラルフ、Dクルサード、E。 (2002/07/22(Mon) 00:13:31) 
> スゴイ!モントヤ・ミハエル・ライコネンのバトル! (2002/07/22(Mon) 00:15:40) 
> 小康状態に入ってしまった。 (2002/07/22(Mon) 00:23:20) 
> モントヤがピットストップだ。 (2002/07/22(Mon) 00:33:38) 
> おっ、ミハエル!ファーステストラップだ!これはモントヤを追い越すかなぁ〜。 (2002/07/22(Mon) 00:35:17) 
> ミハエルもピットストップだ。 (2002/07/22(Mon) 00:36:00) 
> ミハエル前に出た。しかし、ラインカットか? (2002/07/22(Mon) 00:36:56) 
> ペナルティ確定だって! (2002/07/22(Mon) 00:41:49) 
> @モントヤ、Aライコネン、Bミハエル、Cクルサード、Dラルフ、Eバトン。 (2002/07/22(Mon) 00:45:03) 
> ヴィルヌーブ、エンジンブローか! (2002/07/22(Mon) 00:45:54) 
> モントヤ、2回目のピットストップ! (2002/07/22(Mon) 00:53:28) 
> ミハエル、2回目のピットストップ! (2002/07/22(Mon) 01:02:41) 
> ライコネンがトップ独走だ! (2002/07/22(Mon) 01:02:58) 
> 全員2回のピットストップが終わった。 (2002/07/22(Mon) 01:11:08) 
> @ライコネン、Aミハエル、Bクルサード、Cモントヤ、Dラルフ、Eバトン。 (2002/07/22(Mon) 01:11:38) 
> 何故か?ウイリアムズよりマクラーレンが速かった! (2002/07/22(Mon) 01:16:25) 
> クルサードがラインカットでペナルティらしい。 (2002/07/22(Mon) 01:16:47) 
> 残り5周!ライコネン初優勝が!? (2002/07/22(Mon) 01:22:07) 
> ミハエル、アデレードヘアピンで抜く! (2002/07/22(Mon) 01:23:34) 
> @ミハエル、Aライコネン、Bクルサード、Cモントヤ、Dラルフ、Eバトン。 (2002/07/22(Mon) 01:26:52) 
> ミハエル・シューマッハー!最短のワールドチャンプ決定か! (2002/07/22(Mon) 01:27:25) 
> ミハエル優勝だ!スゴイ喜びよう(爆) (2002/07/22(Mon) 01:28:47)
トッド監督(右)と喜びを分かち合うM・シューマッハー

★最多タイトル(5回) 史上1位のJ・M・ファンジオ(51年、54〜57年)に並ぶ。同3位はA・プロストの4回。
★最多勝(61勝) 自身の持つ記録を今回で更新。史上2位はプロストの51勝。
★最多ファステストラップ(47回) 史上2位はプロストの41回。
★最多得点(819ポイント) 97年に、国際自動車連盟の裁定ではく奪された78ポイントは除く。史上2位はプロストの798・5ポイント。
★年間最多勝(9回)95、00、01年に達成。マンセル(92年)も史上1位タイ。今季は8勝。
★年間最多得点(123ポイント) 01年に記録。次いで92年のマンセル、00年の自身が得点した108ポイント。
  

史上最多5度目のタイトルを手にしたシューマッハーはトッド監督とシャンパンを浴びた

<主な未達成記録>
★最多ポールポジション 史上1位はA・セナの65回。自身は46回で史上2位。
★年間最多ポールポジション 史上1位は92年の14回。自身の最高記録は01年の11回。
★最多出場 史上1位はR・パトレーゼの256戦。自身は172戦で史上11位。
  

鬼の目にも涙!?
(Michael Schumacher with tears in his eyes)

フェラーリファンでも、ミハエルファンでも、F1ファンでも
悲喜こもごもの「
2002F1チャンプ」決定です!

ボクのF1サイトが始まってからずっと
フェラーリとミハエルが勝ってる

ただ、それだけです。

たまに見に来てくれる皆様!
フェラーリとミハエルのファンサイトじゃないので
勘違いしないように宜しくお願いします。(爆笑)(^^;)

ミハエルもサイボーグと言われた頃から比べれば
人間らしく涙も流すマシンに改良されましたってさ。(毒)(@_@)
天気:曇り

1 M・シューマッハ   フェラーリ            B 1:32’09.837
2 K・ライコネン      マクラーレン・メルセデス M          1.105遅れ
3 D・クルサード     マクラーレン・メルセデス M         31.976遅れ
4 J−P・モントーヤ   ウィリアムズ・BMW    M         40.676遅れ
5 R・シューマッハ   ウィリアムズ・BMW    M         41.773遅れ
6 J・バトン         ルノー              M      1周遅れ
7 N・ハイドフェルト   ザウバー・ペトロナス    B      1周遅れ
8 M・ウェバー      ミナルディ・アジアテック  M     1周遅れ
9 P・デ・ラ・ロサ     ジャガー・コスワース     M     2周遅れ
10 A・ユーン       ミナルディ・アジアテック  M     4周遅れ
11 A・マクニッシュ   トヨタ                 M     7周遅れ
  <以上が完走>
  <以下がリタイア>              周回
E・アーバイン    ジャガー・コスワース      53周
J・トゥルーリ     ルノー                 49周
F・マッサ       ザウバー・ペトロナス      48周
M・サロ        トヨタ                  35周
J・ヴィルヌーヴ   BAR・ホンダ            29周
O・パニス       BAR・ホンダ           24周
佐藤琢磨      ジョーダン・ホンダ        24周
R・バリチェロ    フェラーリ                 1周

ファーステストラップ D・クルサード 1'15.045 62周目
 

(7/22)なんとも嬉しそうなフェラーリの面々!バリチェロは欠席なのでしょうか?

まだ終わってない
のに
こんな笑顔で
いいのでしょうか?

いつもドイツGPの
後には
中打ち上げを
するらしいです。

次は、
チームオーダーで
バリチェロちゃん

真ん中にして
盛り上がってほしい

そんな気がする
今日この頃です。

  

 この日は曇りで、気温25度、路面温度38度というコンディション。レースは、またもドタバタではじまった。フォーメーション・ラップでR・バリチェロがまたもやスタートできず、結局1周もできずにリタイア。ポールポジションのモントヤが、キッチリとスタートを決めてレースをリード。M・シューマッハーはライコネンとともにそれを猛追した。その後方では、1コーナーで琢磨とO・パニス(BAR=ブルティッシュ・アメリカン・レーシング)は接触。琢磨はコースを横切って復帰したものの、パニスはスローダウンしてピットに戻りポジション・ダウン。琢磨、ホンダ・エンジンにとって、またもや試練のレースとなってしまった。

 M・シューマッハーはその後、モントヤを激しくプッシュするが、なかなか抜けない展開。ようやく最初のピット・ストップで前に出たと思ったら、今度はコースに戻る際に白線カットのミスを犯し、ピット・スルーのペナルティーを科せられて3番手までポジションを落としてしまった。それでも果敢に追撃。2回目のピット・ストップでモントヤがタイムをロスしたものの、ライコネンに前を抑えられてしまい、我慢を強いられた。

 やっとチャンスがめぐってきたのは、終盤の68周目。アデレード・ヘアピンでライコネンがマクニッシュのまいたオイルに乗って痛恨のコース・アウト。その間隙をついてトップを奪取すると、そのまま逃げ切り勝利をものにした。が、ライコネンをパスする時に出されていたイエロー・フラッグ無視の可能性も残されており、予断は許さない状況となっている。

 ライコネンは、惜しくもF1初勝利はお預け。クルサードは、最後まで2回目のストップを引っ張って可能性を残したが、白線カットのペナルティーを科せられて逆転ならず。モントヤは、2回目ストップ時に左リア・タイヤの交換で遅れたのが響いてしまった。

 琢磨は、パニスとの接触でマシンにダメージを負い、最後は24周目の最終コーナーでコースを飛び出し万事休す。パニス、J・ビルヌーブのBAR・コンビも29周、35周で相次ぎリタイア。M・サロ(トヨタ)は49周目、マシンから火が出てストップせざるを得なかった。