Round13  


AUGUST18

HUNGARIAN GP  Hungaroring   3,975km×77Laps


(8/16)シャッターが下りたままのアロウズのピット
ついにアロウズ欠場!
また、とか。またまた、とか言われて来たが。。。
とうとう本当になりました(爆)。

フットワーク疑惑の倒産の頃からアロウズって、こんなんばかり。。
その点、ミナルディは地道に続くところが凄いチームだなぁ〜(^O^)

F1バブルもはじけて淘汰の時代がやって来た。
残るのはワークスと順ワークスだけになるのかなぁ。
次に危ないのは、ミナルディとジョーダンか(悲)(@_@)
 アロウズは、F1第13戦ハンガリーGP(18日決勝)開幕直前に参戦キャンセルの意向を表明したが、舞台となるハンガロリンクのアロウズのピットには、シャッターがぴったりと下ろされたままだ。グランプリムードが盛り上がる中、1カ所だけ寂しそうな雰囲気を醸し出している。当然ながら中身はもぬけの殻。本来ならジャガーとミナルディの間にモーターホームが設置する場所もぽっかりと空いており、いつもはびっしりと詰まっているパドックに突然広場が出現したような感じになっている。
   
【フリー走行1日目】

午前 天気:曇り 平均スピード(1位) 186.437 km/h
@ミハエル、Aバリチェロ、Bマッサ、Cヴィルヌーブ、Dフィジケラ、Eパニス。

大きく崩れる心配はないものの、例年通りの酷暑とならない気配のハンガロリンク

“異常気象”の影響なし、気温は25度と低め。

プレスコンファレンスの風景!

ちっちゃくて見えないかな(爆)
奥のほうに小さなブースが見えます。
案外チンケなところだったんだなぁ〜、
と、思ってます(笑)(^^;)
  ヨーロッパでは現在、全土を襲った低気圧の影響で東欧及びロシアに大きな水害が起きているが、ハンガリーはいまのところ影響なし。ブダペスト市内の中心を流れるドナウ川の水位はかなり上昇しているものの、はんらんの恐れはまずなさそうな様子。
 グランプリが行われる週末の天気予報も大きな崩れはなく、決勝が行われる18日の日曜日に向けて、回復傾向という。欧州東部に低気圧が停滞しており、若干の不安は残るが、ブダペスト周辺への影響はそれほどなさそうで、15日の天気も雲は多いものの、雨の雰囲気はなかった。しかし、気温が約25度と低めで、例年40度近い暑さが勝負の行方を左右しているだけに、今年のレースはひと味違ったものになりそうだ。
  
午後 天気:曇り 平均スピード(1位) 187.436 km/h
@ミハエル、Aラルフ、Bライコネン、Cフィジケラ、D佐藤琢磨、Eクルサード。
佐藤琢磨が頑張ってる。でもフィジケラの前に出なくちゃ来年は無いかも。
あっても鳴かず飛ばずになる可能性が大きい。(涙)
虎之介も来年はF1に来ないようだし琢磨に頑張ってもらわないとつまらない。





せっかく日本のメーカーが頑張ってるのに
日本人はどうしてモータースポーツに興味がないのか?
野球とオリンピックしか興味の無い国民性なんだろうなぁ〜(悲)(T_T)
跳ね馬最強伝説 バリチェロが証明
 薄曇りの中で初日フリー走行が行われ、フェラーリのM・シューマッハーが圧巻のトップタイムをマーク、2番手にもチームメートのR・バリチェロがつけ、L・ディ・モンテゼモロ社長の至上命令というドライバーズランク2位取りへ上々の発進。史上最短でシューがチャンプを奪取し、コンストラクターズ王座も、ランク2位のウィリアムズに対し、64ポイント差以上(現在65ポイント差)とすれば決まる状況。完全制覇へ残るはバリチェロのランク2位だけだ。
   
(8/17)
【フリー走行2日目】

1回目 天気:晴れ 平均スピード(1位) 192.522 km/h
@ミハエル、Aバリチェロ、Bパニス、Cマッサ、Dフィジケラ、Eライコネン。

ミハエルの後を走る琢磨!
あと残り数戦だ。

来年に繋がる走りを
期待してしまう(^^;)
2回目 天気:晴れ 平均スピード(1位) 192.577 km/h
@ミハエル、Aバリチェロ、Bライコネン、Cモントヤ、Dマッサ、Eパニス。
結局、フェラーリの独走か。。。
しかし、ザウバーもいる。ここ数年はフェラーリが真面目にやってると言うことしか証明されないと思うのは間違いだろうか?
 
【公式予選】
天気:晴れ 平均スピード(1位) 195.137 km/h
@バリチェロ、Aミハエル、Bラルフ、Cモントヤ、Dフィジケラ、Eトゥルーリ。


それにしてもフェラーリの独走態勢が整いつつある。
しかもバリチェロのランキング2位狙い!
確実にありそうな自主的チームオーダー?
益々つまらなくなる決勝!
でも、その辺りも含めて、かなり興味が出てきたのも事実だ(爆)(^.^)


←PPを決めて喜ぶバリチェロちゃん!
  

順位しか解らない状態で書いてます。
悲しいことだけど佐藤琢磨の未来は暗いですねぇ(T_T)
フィジケラと差がつき過ぎです。
ヘタすると来年のシートも危なくなりそう。琢磨がんばれ!

【真相究明】
初日フリーで6番手をマークし予選トップ10入りの期待がかかったジョーダンの佐藤琢磨だが、度重なるアクシデントに見舞われ、無念の14位に止まった。
1回目のアタックは黄旗に遮られ、3回目はマシントラブルが発生。その後遺症で、4回目はTカーに乗り換えざるをえなくなり、まともにアタックできたのはたった1回で、マシンを降りた直後の琢磨は目をつり上げていた。
その上、ピットレーンの速度違反で3500ドル(約41万円)の罰金まで科せられる始末。
  

  
(8/18)
【ウォームアップ走行】
天気:晴れ 平均スピード(1位) 186.173 km/h
@ミハエル、Aバリチェロ、Bライコネン、Cフィジケラ、D佐藤琢磨、Eラルフ。

フィジケラより後なのは気に入らないけど・・・。
琢磨!期待出来るかも。
ジョーダン自体が調子いいってことか?
モントヤが遅すぎるのも気になる。
誰を何処を信用していいのか!?解らない(@_@)


ジョーダン・フォード復活
ジョーダングランプリとホンダ・レーシング・デベロップメント(HRD)は決勝前に、それぞれ記者会見を行い、エンジン供給契約を今季限りで終了することに合意したと発表。併せてジョーダンは来季からフォードと3  年間のエンジン供給契約を交わしたことを明かし、来季は12年ぶりにジョーダン・フォードが復活することになった。佐藤琢磨の去就が注目されるが、E・ ジョーダン代表は基本的には契約が残っている――としている。

ジョーダンおじさんはカッコイイ!
昔から若手を抜擢する能力は高いんだ。ミハエル・シューマッハーもジョーダン出身だし。
佐藤琢磨も「磨けば光る玉の石」のはず!(^.^)
 

2002年 F1 第13戦 ハンガリーGP :2002/08/18(Sun) 21:49:11 
 
夏真っ盛りなのに消化試合のF1グランプリ!
フェラーリの人達だけが自己満足のために完全制覇を狙うのか(爆)
 
しかし、ジョーダンの調子がいいぞ!
みんなのやる気がない間隙をついて琢磨頑張れ!
せめてフィジケラには負けるなよぉ〜(^.^)

--------------------------------------------------------------------------------
> フォーメーションラップ、スタート! (2002/08/19(Mon) 00:06:19) 

ラルフが頑張ったんだけどねぇ〜。
バリチェロの2位が確定したら、おもいっきり兄貴と絡んでみよう!
そして勝とう。
兄貴に遠慮してるのが可哀想だ。

ボクが親だったら、えらい弟だと誉める。
兄貴を立てるいい弟だ。
> ラルフいいスタートだった。でも、フィジケラは4位だ。 (2002/08/19(Mon) 00:10:18) 
> @バリチェロ、Aミハエル、Bラルフ、Cフィジケラ、Dマッサ、Eバトン。 (2002/08/19(Mon) 00:14:01) 
> 佐藤琢磨、相変わらず14番手。 (2002/08/19(Mon) 00:18:17) 
> 21週目で、もう小康状態だ。路面温度44℃らしい。 (2002/08/19(Mon) 00:23:29) 
> ヴィルヌーブ、リタイアだ。理由不明。 (2002/08/19(Mon) 00:23:57) 
> ライコネン、モントヤを捻じ伏せる。(爆) (2002/08/19(Mon) 00:24:55) 
> モントヤ、なにか壊れてピットストップだ。 (2002/08/19(Mon) 00:27:14) 
> フィジケラ、ピットストップ。8.3秒だ。 (2002/08/19(Mon) 00:31:38) 
> ミハエル、ピットストップ。 (2002/08/19(Mon) 00:33:39) 
> バトン、ヘアピンでスピン。リタイアだ。 (2002/08/19(Mon) 00:34:25) 
> バリチェロ、ピットストップ。ミハエルの前で戻って良かったねぇ〜。 (2002/08/19(Mon) 00:36:09) 
> 一回目のタイヤ交換終了。 (2002/08/19(Mon) 00:40:21) 
> 33。@バリチェロ、Aミハエル、Bラルフ、Cフィジケラ、Dマッサ、Eライコネン。 (2002/08/19(Mon) 00:44:28) 
> 佐藤琢磨。現在10番手。がんばれー! (2002/08/19(Mon) 00:49:54) 
> 続々と2回目のピットストップだ。 (2002/08/19(Mon) 01:00:26) 
> バリチェロ、2回目もミハエルの前で復帰。。良かった。。 (2002/08/19(Mon) 01:01:22) 
> クルサードがフィジケラの前に出た。 (2002/08/19(Mon) 01:05:00) 
> 70。@バリチェロ、Aミハエル、Bラルフ、Cライコネン、Dクルサード、Eフィジケラ。 (2002/08/19(Mon) 01:16:23) 
> 結局、トップ3のチームでフィニィシュか! (2002/08/19(Mon) 01:23:46) 
> フェラーリ、コンストラクターズ4連覇だって。。 (2002/08/19(Mon) 01:27:31) 


トッドおじさんは、ペロペロになつてる感じがする。
よほどホッとしたのだろうか?

と、言うことはバリチェロの2位はどうでも良いのか?

なんて穿った見方なんだろうか・・・。


  
天気:晴れ

1 R・バリチェロ    フェラーリ        B 1:41’49.001
2 M・シューマッハ   フェラーリ        B   0.434遅れ
3 R・シューマッハ   ウィリアムズ・BMW   M   13.355遅れ
4 K・ライコネン    マクラーレン・メルセデス M   29.479遅れ
5 D・クルサード    マクラーレン・メルセデス M   37.800遅れ
6 G・フィジケラ    ジョーダン・ホンダ    B 1’08.804遅れ
7 F・マッサ      ザウバー・ペトロナス   B 1’13.612遅れ
8 J・トゥルーリ    ルノー          M     1周遅れ
9 N・ハイドフェルト  ザウバー・ペトロナス   B     1周遅れ
10 佐藤琢磨       ジョーダン・ホンダ    B     1周遅れ
11 J−P・モントーヤ  ウィリアムズ・BMW   M     1周遅れ
12 O・パニス      BAR・ホンダ      B     1周遅れ
13 M・サロ       トヨタ          M     2周遅れ
14 P・デ・ラ・ロサ   ジャガー・コスワース   M     2周遅れ
15 A・マクニッシュ   トヨタ          M     2周遅れ
16 M・ウェバー     ミナルディ・アジアテック M     2周遅れ
  <以上が完走>
  <以下がリタイア>              周回
A・デビッドソン   ミナルディ・アジアテック  59周
J・バトン      ルノー           31周
E・アーバイン    ジャガー・コスワース    24周
J・ヴィルヌーヴ   BAR・ホンダ       21周

ファーステストラップ M・シューマッハ 1'16.207 72周目
コンストラクターズ!

これは皆が喜べるから
嬉しさもひとしお!

こういう輪の中に
入って飲んだら
旨いかなぁ〜(^.^)
  

(8/20)去年よりも人数が多いかも・・・。
と、言うより引き気味で撮った画像が新鮮だった。ちょっとバリチェロが目立たないところがアーバインよりいい仕事してる証拠かも(爆)


2位のミハエルのほうが
高く手を上げている。

・・・何故!?

してやったり、なのか!

バリチェロも嬉しいけど
真面目に後から
突っつかれてたら
どうなってるのかも
見てみたいなぁ。

「嬉しさも
中くらいなり
おらが春」

偽らざるバリチェロの
心境だと思うのは・・

 この日は天候に恵まれ、気温28度でレース開始。路面温度は最高44度まで上昇したが、フェラーリ・コンビの勢いをとめることは出来なかった。ポールポジション(PP)からスタートしたバリチェロはホールショットを決めると、そのまま最後までレースをリード。序盤からM・シューマッハーを従えて後続を着実に引き離し、危なげなく逃げ切った。これでバリチェロは、ドライバーズ・ポイントを45としランク2番手に復帰。3番手のラルフに5ポイントの差を築き、既に手にしているM・シューマッハーのドライバーズ・タイトル、2年連続ここハンガリーで決めたコンストラクターズ・タイトルに加え、ランク2位をも手中にする“完全制覇”へ向け大きく前進した。

 フェラーリのワンツー・フィニッシュは今シーズン5回目で通算57回目。M・シューマッハー&バリチェロのコンビでは11回目となり、歴代2位のM・ハッキネン&D・クルサードのマクラーレン・コンビにあと2、トップの故A・セナ&A・プロストにもあと3と迫った。

 表彰台が期待されたフィジケラは、スタートでひとつポジションをあげて4番手に浮上。そのままレースを進めたが、2回目のピット・ストップでマクラーレン・コンビの逆転を許してしまった。逆にマクラーレンは、いつものようにストップをギリギリまで遅らせる作戦が効奏。K・ライコネンが11番グリッドから4位、クルサードも10番グリッドから5位とばん回に成功した。

 一方、J−P・モントヤ(ウィリアムズ)はスタートで出遅れた上、序盤にライコネンに押し出されて緊急ピットインを強いられ万事休す。11位に終わった。完走は16台。A・ユーンに代わって出場したA・デビッドソン(ミナルディ)は、完走目前の58周でリタイア、F1デビュー戦を飾ることはできなかった。