Round14  


SEPTEMBER 1

BELGIAN GP     Circuit de Spa Francorchamps      6,963km×44Laps


(8/30) アロウズ、またまた出走せず(爆)
どうなっちゃうんだろう?このチーム!
来年もあるんだろうか。とても興味が尽きないトムウォーキンショーの行く末だ。(^.^)


もう、今年のF1は終わってしまって、完全な真夏のストーブリーグだ。
TOYOTA勢はドライバーを全員入れ替え。。
ザウバーはフィレンツェンの復帰。。
BARのパニスはTOYOTAへ移籍するとなると後には佐藤琢磨か!?

典型的な“スパ・ウエザー”に見舞われたスパ・フランコルシャン
週末の天気は大荒れ模様らしい(爆)楽しみ(^.^)
 
【フリー走行1日目】

午前 
天気:曇り 平均スピード(1位) 230.117 km/h
@バリチェロ、Aミハエル、Bクルサード、Cトゥルーリ、Dライコネン、Eアーバイン。
佐藤琢磨が7位でHONDA勢のtopだ。(^_^)
来年のシートを確保する為にも頑張ってほしいよ。
再来年には虎之介がTOYOTAで復活するかもしれないし。



←オールージュをを駆け上がる琢磨。
かなり急勾配なんだねぇ〜(^^;)
 
午後 
天気:曇り 平均スピード(1位) 234.009 km/h
@ライコネン、Aクルサード、Bミハエル、Cバリチェロ、Dラルフ、Eバトン。
マクラーレンとウイリアムズが出て来て、HONDA勢は13位以降に沈んだ。
明日の巻き返しはあるのか?

TOYOTAは、2人ともクビを発表してしまい遅いところに輪をかけてやる気もなし。
もう、2人共に来年のシートはないよねぇ〜。
今年だって早いドライバーを入れておけばもう少し良い成績を残せたかもしれないし。。。
いづれにしてもTOYOTAの決断は正解だと思う。
速い車を作るには腕のいい速いドライバーじゃなくちゃね。
限界点が低くては当然速い車にはならないもの。
今のフェラーリをサロが走らせてもバリチェロより速いとは思えないからねぇ〜(激辛)(@_@)


←上のコメントとは全然関係ない!?
ブリジストンのパドック風景。

行かなくちゃ見られない画像は、
しっかり押さえておかなくちゃねぇ〜(^.^)
 
(8/31)
【フリー走行2日目】

1回目 
天気:晴れ 平均スピード(1位) 239.014 km/h
@ミハエル、Aバリチェロ、Bライコネン、Cクルサード、Dラルフ、Eモントヤ。
佐藤琢磨は、12位だ。フィジケラは、10位。。
欄年はシート喪失かなぁ〜(涙)
パニスは8位だもんな。やっぱり来年が決まるとやる気でるのかな?
ヴィルヌーブなんて逆にやる気なし、18位。
なんとも解りやすい人間模様のフリー2日目だ。(爆)(^^;)

アロウズ、結局走らず
なんとも不可解なチームだ。
しかし、他に参戦するチームとかないのかねぇ〜。F1界も不況なんでしょうか?
 
2回目 
天気:晴れ 平均スピード(1位) 239.199 km/h
@ライコネン、Aミハエル、Bクルサード、Cバリチェロ、Dモントヤ、Eラルフ。
ライコネンが速いと思ったらクルサードまで・・・。
こりゃぁ、マクラーレンの調子がいいんだな。
ウイリアムズもしっかり5・6位に来て3強揃い踏みだ。
HONDA勢TOPはパニスだ。
パニスは開発ドライバーとしてはお買い得なのかも知れない。
遅い開発ドライバーじゃ遅い車しか作れないからねぇ〜。
しかし、パニスが速い車を作った記憶も無い。(汗)(^^;)

←ホンダ勢エンジンブローの原因は、一部パーツに不具合があったらしい。
本当に昔のホンダが懐かしいねぇ〜(涙)(T_T)
 
【公式予選】 
天気:曇り 平均スピード(1位) 241.837 km/h
@ミハエル、Aライコネン、Bバリチェロ、Cラルフ、Dモントヤ、Eクルサード。

なんだこりゃ!
フリーから3強体制が確立されてしまっているではないか!
4番手にルノー、5番手ジャガー、6番手トヨタ、7番手にホンダ。。。
佐藤琢磨は16位。
たとえ来年ホンダに行ってもダメだな、こりゃ。。。
結局ホンダ勢トップは、ヴィルヌーブの12位。
やっぱり実力は最後に出るのかなぁ〜。
パニスは商売上手なのか!?(^.^)
ザウバーはここに来てめっきりダメになった。
やっぱりドライバーのモチベーションが大切なんだろうねぇ。(T_T)

←ライコネンと共に、マクラーレン帝国復活の兆し!
と、ボクは思った。

真夏のストーブリーグ真っ盛りの「2002年F1ベルギーGP」は消化試合?
なんだか面白くないぞ!
  
(9/1)
【ウォームアップ走行】
天気:晴れ 平均スピード(1位) 232.172 km/h
@ミハエル、Aライコネン、Bクルサード、Cデラロサ、Dバリチェロ、Eトゥルーリ。
決勝を予感させるウォームアップ。。
しかし、ウォームアップをタイムリーで知ることは現地に行かなくては不可能だよねぇ〜。
  

2002年 F1 第14戦 ベルギーGP :2002/09/01(Sun) 21:06:21 

ミハエルシューマッハーがブッちぎりのPP!
ライコネンが明日を予感させる走り!
そうだ確かに去年のザウバーは成績が良かったぞ?

ミハエルPPは初めてらしい。
ジョーダンで鮮烈なデビューを果たしたのもスパだったと思う。
マツサがトヨタにと言う話しもあるがボクは余り納得出来ないな。
来年、虎之介とチェンジし易い様にしてるなら解るけど・・。

ストーブリーグ真っ盛りだけど興味も募るF1なのだ(^.^)
--------------------------------------------------------------------------------
> フォーメーションラップ、スタート。 (2002/09/02(Mon) 00:07:38) 
> バリチェロとクルサードがいいスタートだ。 (2002/09/02(Mon) 00:11:35) 

ミハエルとバリチェロが決めた!
もう、ここで決まってたなぁ〜。

ライコネンも頑張ったんだけど・・・。

ウイリアムズは前半とは違うな。
もう来年にシフトしたのか?
> @ミハエル、Aバリチェロ、Bライコネン、Cモントヤ、Dクルサード、Eラルフ。 (2002/09/02(Mon) 00:12:37) 
> おっ、モントヤがライコネンを抜いた。 (2002/09/02(Mon) 00:13:05) 
> フィジケラが、ヴィルヌーブとマツサに抜かれた。 (2002/09/02(Mon) 00:21:25) 
> バトン、スローダウン。。リタイアだ。。 (2002/09/02(Mon) 00:25:13) 
> 佐藤琢磨、ピットストップに17秒も係った。 (2002/09/02(Mon) 00:31:14) 
> 16週目。ミハエル、ピットストップ。 (2002/09/02(Mon) 00:34:39) 
> ほぼ、一回目のピットストップが終わった。 (2002/09/02(Mon) 00:38:37) 
> ライコネンとモントヤが同時ピットストップだ。 (2002/09/02(Mon) 00:38:50) 
> クルサードがライコネンの前に出た。 (2002/09/02(Mon) 00:41:15) 
> 残り15周だ。ミハエル2回目のピットストップ。 (2002/09/02(Mon) 00:56:55) 
> ラルフ、ピットストップ失敗だ。 (2002/09/02(Mon) 01:02:48) 
> @ミハエル、Aバリチェロ、Bモントヤ、Cクルサード、Dライコネン、Eトゥルーリ。 (2002/09/02(Mon) 01:10:20) 
> と、書いたとたんにライコネンがエンジンブローだ。 (2002/09/02(Mon) 01:10:36) 


ホンダエンジンも悲しいねぇ〜。
これはライコネンでなくてパニスだ。

パニスも来年の手土産に頑張ってたんだけどねぇ〜(悲)
> おっ、トゥルーリもリタイアだ。 (2002/09/02(Mon) 01:11:02) 
> 残り10周だ。 (2002/09/02(Mon) 01:11:18) 
> 39週目。@ミハエル、Aバリチェロ、Bモントヤ、Cクルサード、Dラルフ、Eアーバイン。 (2002/09/02(Mon) 01:18:40) 
> フィジケラ、エンジンブロー。物凄い火だぁ〜。 (2002/09/02(Mon) 01:19:13) 


ホンダエンジンも悲しいねぇ〜。そのA

佐藤琢磨のエンジンは爆発しなかった。
ちょっと、アクセルの踏みが甘いんじゃないか佐藤!
いいとこ見せないと来年はないぞ(涙)
> またまたミハエルだ。16戦連続表彰台だって。。 (2002/09/02(Mon) 01:28:09) 

なんだかモントヤが素直に見える。
気のせいかなぁ〜。

絶対ウイリアムズは今年は捨てたと思う。
モンツァで判明する。

それにしてもフェラーリは余裕の笑みだなぁ〜。
バリチェロにさえ余裕を感じるぞ(爆)
> 偉大な歴史が作られていく瞬間に今夜も立ち会ってしまった・・・。 (2002/09/02(Mon) 01:33:22) 
天気:曇り

1 M・シューマッハ フェラーリ        B 1:21’20.634
2 R・バリチェロ  フェラーリ        B     1.977遅れ
3 J−P・モントーヤウィリアムズ・BMW   M   18.445遅れ
4 D・クルサード  マクラーレン・メルセデス M   19.357遅れ
5 R・シューマッハ ウィリアムズ・BMW   M   56.440遅れ
6 E・アーバイン  ジャガー・コスワース   M 1’14.809遅れ
7 M・サロ     トヨタ          M 1’17.300遅れ
8 J・ヴィルヌーヴ BAR・ホンダ      B 1’19.855遅れ
9 A・マクニッシュ トヨタ          M     1周遅れ
10 N・ハイドフェルトザウバー・ペトロナス   B     1周遅れ
11 佐藤琢磨     ジョーダン・ホンダ    B     1周遅れ
  <以上が完走>
  <以下がリタイア>              周回
O・パニス      BAR・ホンダ       40周
G・フィジケラ    ジョーダン・ホンダ     39周
P・デ・ラ・ロサ   ジャガー・コスワース    38周
F・マッサ      ザウバー・ペトロナス    38周
K・ライコネン    マクラーレン・メルセデス  36周
J・トゥルーリ    ルノー           36周
A・デビッドソン   ミナルディ・アジアテック  18周
J・バトン      ルノー           11周
M・ウェバー     ミナルディ・アジアテック   5周

ファーステストラップ M・シューマッハ 1'47.176 15周目


ミハエル、お得意の「ヒャッホー!」ジャンプだ。
絶対にヒャッハーって言ってると思うのはボクだけだろうか!?(^^;)
  

(9/3) ヤッパリ、オールージュ!?(リュージュか)
ここのホジションで
見てみたい。
スパ!

しかし、
今年は終わった。
来年の話しを
今からしても
しかたないけど。。

ミハエルはいつまで走るつもりなんだろう!
これ以上、記録を伸ばしてもつまらないと思う。
(見るほうはね)
ま、勝手な言い草でしかないけど・・・。

ここまで来るには大変だったんだから。
おめでとうミハエルシューマッハー!
(^.^)
 
 決勝は曇り、気温18度、路面温度21度というコンディションでスタート。雲が垂れ込め、名物の“スパ・ウエザー”も心配されたが、降水確率10%の予報は各チームを安心させた。

 M・シューマッハーは、自身スパ初のポールポジション(PP)からホールショットを奪い、序盤からレースをリード。後続を着実に引き離し、早々と独走態勢を築くと、2回のピット・ストップも無難にこなし、最後まで危な気なく余裕を持って通算63勝目をあげた。バリチェロも、スタートですかさずK・ライコネン(マクラーレン)をかわして2番手に浮上。最初のピット・ストップで給油トラブルでタイムをロスしたものの、後続に付け入るスキは与えず、僚友に続いてチェッカーをくぐった。これでM・シューマッハー&バリチェロのコンビは、通算12回目のワンツー・フィニッシュ。歴代2位のM・ハッキネン&クルサードのマクラーレン・コンビまであと1、トップの故A・セナ&A・プロストにも2差と迫った。

 モントヤも奮闘。2周目にライコネンをかわし、その後の競り合いもものにした。が、ランク2位を争うバリチェロとの差は7ポイントと拡大。D・クルサード(マクラーレン)、R・シューマッハー(ウィリアムズ)も4、5位に入っており、厳しい戦いが続きそうだ。

 E・アーバイン(ジャガー)が粘って6位入賞。サロも安定した走りを披露、上位陣の脱落もあって久しぶりの入賞もみえたが、届かなかった。それでも9位フィニッシュの僚友A・マクニッシュとともに、連続ダブル完走を果たしている。琢磨は、最初のピット・ストップでアクシデントに見舞われて17秒以上を費やしてポジション・ダウンしながら忍耐強く最後まで走りきった。

 O・パニス(BAR)、G・フィジケラ(ジョーダン)はともに終盤エンジン・ブローでストップ。パニスは12位完走扱いとなったが、フィジケラは1周の差でリタイア。ライコネンも表彰台を争いながら36周目にエンジンが壊れてストップ、J・トゥルーリ(ルノー)も6番手走行中の同じく36周目にトラブルでリタイアに追い込まれた。