Round16  


SEPTEMBER 29

UNITED STATES GP  Indianapolis motor speedway  4,192km×73Laps


(9/27) 今季一番の試練を迎えるトヨタをはじめ、ピットにはマシンが勢ぞろい

こうやって綺麗に並んでるとカッコイイですよねぇ〜。

やっぱり、一度は間近でみてみたいなぁ。(^.^)
 

【フリー走行1日目】


午前 
天気:曇り 平均スピード(1位) 200.713 km/h
@ミハエル、Aフィジケラ、Bデラロサ、Cアーバイン、Dモントヤ、E佐藤琢磨。
ジョーダンホンダは出だしはいいんだよねぇ〜。
フィジケラ・琢磨とも・・・。
新聞は1日遅れ。
でも、WEBにはバリチェロの無残なクラッシュが・・・。
本人は無事のようだが、
車は壁に張り付いちゃったみたい。(@_@)

こりゃ、ミハエルの優勝でバリチェロの2位決定かもね。
 
午後 
天気:曇り 平均スピード(1位) 205.188 km/h
@ミハエル、Aアーバイン、Bクルサード、Cライコネン、Dヴィルヌーブ、Eフィレンツェン。
地元フォードエンジンがいいのか、アーバインとフィレンツェンがいいのか?
どっちも後が無いってところかなぁ〜(^^;)

ウイリアムズ勢不調か!?
モントヤは地元なのに・・・・。
ラルフも壁に張り付いてリアウイング脱落!
脱落したのでクラッシュ?

どっちか解らないけど、事故続出かも!(+_+)
 
(9/28)
【フリー走行2日目】

1回目 
天気:曇り 平均スピード(1位) 211.771 km/h
@ミハエル、Aバリチェロ、Bクルサード、Cモントヤ、Dライコネン、Eラルフ。FフィジケラGアーバインHトゥルーリIサロ
フェラーリコンビにマクラーレン。ウイリアムズ。
これじゃ何も面白くなりそうな要因がないじゃないかぁー。(涙)
フィジケラが頑張れば頑張るほど、佐藤琢磨の影が薄くなるし。。。
ホンダもダメなんじゃないの。(怒)(>_<)


←コロンビア国旗を持ったモントヤ応援団!
   初日は振るわなかったけど盛り上ってるねぇ〜(^.^)

モントヤ自信は前々回のレースぐらいから白けてしまってる感じだけど(爆)
シートが決まってれば来年がんばろうって誰でも思うような展開だし。。
 
2回目 
天気:曇り 平均スピード(1位) 212.080 km/h
@ミハエル、Aバリチェロ、Bアーバイン、Cラルフ、Dクルサード、Eハイドフェルト。FモントヤGライコネンHフィジケラIフィレンツェン
ジャガーが良いねぇ〜。
アーバインは来年も働くのだろうか?
ザウバーに移ったフィレンツェンも頑張ってる。
それにしても何故こんなに低迷するのかホンダ勢!
ホンダスピリットは何処へ(号泣)(T_T)


ベテランの味を遺憾なく発揮。3番手タイムをマークしたアーバイン
   調子にのって年棒吊り上げ闘争をしているらしい。(爆)
 
【公式予選】
天気:曇り 平均スピード(1位) 213.183 km/h
@ミハエル、Aバリチェロ、Bクルサード、Cモントヤ、Dラルフ、Eライコネン。FヴィルヌーブGトゥルーリHフィジケラIハイドフェルト
もう、完全に3強体制確立。。
でも次にホンダ勢ザウバー勢と続くので良かった。
来年こそはホンダと佐藤に勝ってもらうのだ。
トヨタは、まだしばらくいいや。
日本人を乗せたら応援してやろう。(爆)(^.^)


←インディのバンクを駆け抜けるシューマッハー!

なんだか白けたカラーリングが、
白けたレースを強調かも(爆)

タバコ広告がなくなったら
フェラーリは真っ赤でカッコイイのかなぁ〜(^.^)
 
(9/29)
【ウォームアップ走行】
天気:晴れ 平均スピード(1位) 206.212 km/h
@ミハエル、Aバリチェロ、Bパニス、C佐藤琢磨、Dライコネン、Eサロ。
 

2002年 F1 第16戦 アメリカGP :2002/09/29(Sun) 21:38:20 

予選結果から考えれば順当か。。
しかし、来期に掛けるフィレンツェン・アーバイン・フィジケラなどが頑張るか?
佐藤琢磨とトヨタにも頑張ってほしい。
でも一番真剣なのはアロウズなのか(爆)

いずれにしても午前3時に起きられるかどうか!?
まったく視聴率もなにも考えていないのか。
終わってるからか。2002F1シーズン(涙)(T_T)

--------------------------------------------------------------------------------

スタートを見ないと損した気になるな。F1GP。(涙)(T_T)
目覚ましがなったらスグ起きれば良かった。

←見ていないスタートシーン!(+_+)

> 起きたらスタートしてた。 (2002/09/30(Mon) 03:08:51) 
> ラルフとモントヤが絡んだ。 (2002/09/30(Mon) 03:09:14) 
この2人は・・・。
シーズンの初め頃もこんなんだった。
途中、関係ない他人になった。
しかし、尻が涼しくなったのか最後にいいとこ見せようとしたのか。。
しょうもない二人だった。(爆)
> 佐藤琢磨、がんばって11番手。 (2002/09/30(Mon) 03:12:01) 
> ライコネン不調。ビシバシ抜かれている。 (2002/09/30(Mon) 03:22:16) 
> ピットストップ開始。 (2002/09/30(Mon) 03:43:22) 
> ミハエル・バリチェロ、ピットストップ完了。 (2002/09/30(Mon) 04:06:01) 
> 完全にワンツー体制だ。 (2002/09/30(Mon) 04:06:18) 
> ライコネン、エンジンブローだ。 (2002/09/30(Mon) 04:06:57) 

マクラーレンも、こればっかりのこの頃。。
しかし、ライコネンがダメだとクルサードがゴールする法則に気付いた(@_@)
> レースも終盤。 (2002/09/30(Mon) 04:08:34) 
> あと16周。 (2002/09/30(Mon) 04:14:59) 
> @ミハエル、Aバリチェロ、Bクルサード、Cモントヤ、Dトゥルーリ、Eヴィルヌーブ。 (2002/09/30(Mon) 04:17:45) 
> やっぱ眠いと楽しくないぞ。 (2002/09/30(Mon) 04:21:33) 
> わざわざ起きて無理してみてもつまらんレースじゃ最悪だ。 (2002/09/30(Mon) 04:22:04) 
> 残り10周だけど寝よう。せめてもの反抗だ。(爆) (2002/09/30(Mon) 04:22:34) 
> このままフェラーリのワンツーだろうなぁ〜。 (2002/09/30(Mon) 04:22:54) 

朝起きてWEBを見たときには目を疑ったよ!
なんでバリチェロが真ん中にいるんだ!?ミハエルもいるし!?

でもスグに思った。
借りを返したのかなぁ〜って
そしたら、新聞とかでは、「ゴールラインを間違えた」って・・・。

絶対に譲ったんだよ!オーストリアの借りを返したんだよ!
そういう顔してるじゃん。2人とも。。
真面目に報道しようよ!見れば解るんだから(+_+)
> おやすみなさいーー。。。 (2002/09/30(Mon) 04:23:09) 

フェラーリ2台は、
インディアナポリス独特のレンガのフィニッシュラインに同時に飛び込む予定だったが……。
右がシュー。。。

見てない時に限って面白いことが起こる。
でも、間違ったじゃ許されないだろうよ!ミハエル!フェラーリ!
ファンをバカにするなぁ〜(涙)(T_T)

F1アメリカGP シュー、ゴールライン勘違いで新記録
バリチェロと0.011秒差ワンツー
天気:晴れ

1 R・バリチェロ    フェラーリ        B 1:31’07.934
2 M・シューマッハ   フェラーリ        B   0.011遅れ
3 D・クルサード    マクラーレン・メルセデス M   7.799遅れ
4 J−P・モントーヤ  ウィリアムズ・BMW   M   9.911遅れ
5 J・トゥルーリ    ルノー          M   56.847遅れ
6 J・ヴィルヌーヴ   BAR・ホンダ      B   58.211遅れ
7 G・フィジケラ    ジョーダン・ホンダ    B     1周遅れ
8 J・バトン      ルノー          M     1周遅れ
9 N・ハイドフェルト  ザウバー・ペトロナス   B     1周遅れ
10 E・アーバイン    ジャガー・コスワース   M     1周遅れ
11 佐藤琢磨       ジョーダン・ホンダ    B     1周遅れ
12 O・パニス      BAR・ホンダ      B     1周遅れ
13 H−H・フレンツェン ザウバー・ペトロナス   B     2周遅れ
14 M・サロ       トヨタ          M     2周遅れ
15 A・マクニッシュ   トヨタ          M     2周遅れ
16 R・シューマッハ   ウィリアムズ・BMW   M     2周遅れ
  <以上が完走>
  <以下がリタイア>              周回
K・ライコネン    マクラーレン・メルセデス  50周
A・ユーン      ミナルディ・アジアテック  46周
M・ウェバー     ミナルディ・アジアテック  38周
P・デ・ラ・ロサ   ジャガー・コスワース    27周


ファーステストラップ R・バリチェロ 1'12.738 27周目

←嬉しそうなバリチェロ!
オーストリアの感激が今蘇るって感じか?

しかも、余裕のワンツーだし。。
あの頃は、こんな楽な後半になるとは思ってなかったと思う。

ボクなりに分析すれば、ミシュランがマクラーレンに供給したのが失敗だった。
ブリヂストンはフェラーリだけで楽になった。
どうだろう(^.^)
 

(10/1)バリチェロV、フェラーリ完全制覇なる!

まるで
競馬場のようだ。

インディアナポリス

ここで何人の
優秀な
ドライバーが
壁に吸い込まれて
消えて行ったのか

また、ひとり。
そして、ひとり。


バリチェロ。。
ひとつ譲ってるからか・・
とても嬉しそう(^.^)

まぁ、いいよね。
F1ファンなら許せるよ!

実力の差は歴然なんだ。
あの時の優勝が、
今回の喜びなんだろうね。

ミハエルだって、
最多勝記録を捨てたんだし
次の最終戦、
日本グランプリ!

本気で2人がぶつかる、
真剣勝負の
予選と
決勝を見せてもらおう。

かなり楽しみ!
しかも日本GPだし(^.^)
 レースは晴れ、気温25度、路面温度33度と絶好のコンディションでスタート。M・シューマッハーがポールポジション(PP)からキッチリとホールショットを決めると、バリチェロも後続をけん制するようにして2番手で続き、いきなりワンツー体制を構築、序盤からライバルをグングン引き離していった。陣営は、2台ともに2ストップ作戦を採用。27周終了時点でM・シューマッハー、続いてバリチェロが最初のストップを終えたが、いずれも1ストップだったクルサードの前でコースに復帰。2回目も難なくこなすと、ランデブー走行で余裕のクルージングで周回を重ねた。

 周囲を驚かせたのはファイナル・ラップ。最終コーナーを立ち上がったM・シューマッハーは、大きくペースを落として僚友と並ぶようにしてチェッカー。結果は、バリチェロが“鼻差”の0秒011先着、チームメートの粋な計らい(?)で勝利をものにした。

 モントヤは2周目、1コーナーで僚友ラルフと絡んでコースアウト。懸命に追い上げたが、表彰台には届かなかった。

 琢磨は、序盤から果敢な走りでポジションをアップ。時には勢い余ってコースを飛び出すほどだったが、最高時速を記録するほどの奮闘で10番手まで浮上した。しかし、最初のピット・ストップ後は後方でバトルを強いられるなど、なかなか上位進出のチャンスは訪れず、終盤もペースが今ひとつ。それでも5戦連続の完走を果たし、最後の母国GPに希望をつないだ。

 G・フィジケラ(ジョーダン)は、入賞目前の7位。O・パニス(BAR)が12位、M・サロ、A・マクニッシュのトヨタ・コンビも辛抱の走りで14、15位ながら最後までレースをまっとう。F・マッサの代役、H−H・フレンツェン(ザウバー)は13位で完走。ラルフは、僚友モントヤと絡んだアクシデントでリア・ウイングにダメージを負い、いきなり緊急ピット・インを強いられて大きく後退。結局、完走最下位の16位に終わった。