Round5  


MAY 4

SPANISH GP  Circuit de Catalunya  4,730km×65Laps


(5/1)シュー&フェラーリの実績十分なカタロニアサーキット

このカタロニアサーキットは技術的にいってもフェラーリが強い。
00年からM・シューマッハーが3年連続PPを取り、2連勝している。
しかも、PP+優勝+最速ラップというパーフェクト。
チームのコース攻略法がしっかり整っていて、開幕前のテスト走行でも驚異的な1分15秒016をたたき出している。
高速ロングコーナーが多いここでは、空力性能とサスペンション+タイヤのパフォーマンスがシビアに求められる。
路面コンディションや風向きの変化など、ファインチューニングが難しいとされているのだが、戦績が示すように彼らにはノウハウがある。
まさにニューマシンを初めて出すところとして、うってつけといっていい。
  
  
(5/2)
【フリー走行1日目】

天気:晴れ 平均スピード(1位) 221.100 km/h
@ラルフ、Aトゥルーリ、Bアロンソ、Cクルサード、Dパニス、Eモントヤ。
ルノー絶好調か?
どうも最近元気が良いとおもったらTWRのエンジン部門を吸収していたらしい。

ウイリアムズもいい!
パニスは見せるだけで結果はついて来ないからなぁ〜!
  
  
【公式予選1回目】 
天気:晴れ 平均スピード(1位) 220.770 km/h
@ミハエル、Aトゥルーリ、Bバリチェロ、Cダ・マッタ、Dバトン、Eパニス、Fウェバー、Gライコネン、Hクルサード、Iアロンソ。
やはりフェラーリの新車は速いのか?
トゥルーリが頑張ったねぇ〜アロンソに負けてばかりいられない。

TOYOTAが速いのは本物だろうか?
燃料軽くしてんじゃないだろうねぇ〜ダ・マッタがいきなり速いのは怪しい!
ウェバーはまたやってるのか(爆)

ウイリアムズ勢は撃沈した。
バトンはまあまあだがヴィルヌーブがダメなのはHONDAは本調子じゃないのか!

跳ね馬に2枚羽根!?
バージボードが2枚羽根になっている
このパーツは車体前方からくる乱気流を整える働きがあり、ボードを2重にすることで効果がさらに増し、車両規定にも適合しているという。

ミハエル曰く!
「僕は昨年の車をパーフェクトと言ったけど、それ以上だ。F1には完ぺきという言葉はないのかもしれない」
 
(5/3)
【フリー走行2日目】

1回目 
天気:晴れ 平均スピード(1位) 215.512 km/h
@ライコネン、Aピッツォーニア、Bバリチェロ、Cクルサード、Dミハエル、Eトゥルーリ。
 
ピッツォーニア!崖っぷちなので奮起したのか?(爆)
ライコネンも調子を上げてきた!
  
  
2回目 
天気:晴れ 平均スピード(1位) 219.235 km/h
@アロンソ、Aバリチェロ、Bトゥルーリ、Cミハエル、Dパニス、Eライコネン。
 
トゥルーリ・アロンソ!
ルノーコンビが大活躍だ!
こんなことならTWRはエンジンサプライヤーになったほうが良いのでは・・・。
 
 
【ウォームアップ走行】
平均スピード(1位) 215.894 km/h
@バリチェロ、Aアロンソ、Bバトン、Cミハエル、Dライコネン、Eラルフ。
 
なんとなくフェラーリの予感が濃厚だけどアロンソがスゴイ!
バトンもいいし!
若手が台等してきてF1も変革の予感大!
今シーズンは見逃せないシーズンになりそうな予感ですねぇ〜(^O^)
 
 
【公式予選2回目】
天気:晴れ
@ミハエル、Aバリチェロ、Bアロンソ、Cトゥルーリ、Dバトン、Eパニス、Fラルフ、Gクルサード、Hモントヤ、Iフィレンツェン。
 
フェラーリの新車は速いねぇ〜(驚)(@.@)
まさかここまで余裕でワンツーで来るとは予想しなかった。
まさか今年はここまでで、このあとは去年と同じじゃないだろうねぇ〜(-.-)

でも、そうならない予感もある。(^^)
アロンソと言い、バトンと言い、ルノーも良くなって来たし、ジャガーもウェバー!?
もう若手に期待してます。面白いF1になってほしいですよぉ〜!!
  
   

2003年 F1 第5戦 スペインGP :2003/05/04(Sun) 23:35:39 

フェラーリの新車が速いのも予選がワンツーなのも悪くはない!
しかし、なぜか釈然としないのは何故か?

また去年のようになってしまいそうなくらい速いぞ!
「フェラーリF2003-GA」
圧倒的な速さじゃないか!

もうルノー!アロンソ!トゥルーリ!バトン!
頑張れピットスタートのライコネン!(^^;)

--------------------------------------------------------------------------------
> さて、帰宅して2時間。観戦準備は整ったぞ! (2003/05/04(Sun) 23:36:24) 
> フォーメーションラップ順調にスタート! (2003/05/05(Mon) 00:07:33) 
> アロンソ!いいスタート! (2003/05/05(Mon) 00:10:53) 
> でもライコネンがクラッシュなのでセーフティカーだ! (2003/05/05(Mon) 00:11:11) 
> 再スタート!モントヤが抜いた! (2003/05/05(Mon) 00:17:59) 
> @ミハエル、Aバリチェロ、Bアロンソ、Cラルフ、Dモントヤ、Eバトン。 (2003/05/05(Mon) 00:20:18) 
> ミハエル、どんどん行ってる。バリチェロも。 (2003/05/05(Mon) 00:21:20) 
> アロンソがバリチェロにくっ付いてる気がするぞ。 (2003/05/05(Mon) 00:22:56) 
> ヴィルヌーブがリタイア。BARの命運は・・・。 (2003/05/05(Mon) 00:30:01) 
> バトンとクルサードがクラッシュ!? (2003/05/05(Mon) 00:34:47) 
> ミハエル、ピットストップ。取りあえず成功! (2003/05/05(Mon) 00:36:47) 
> 21周目。ミハエル、ファーステスト!このまま単調なレースなのか!? (2003/05/05(Mon) 00:40:39) 
> 35週目、ミハエル2回目のミニストップ。 (2003/05/05(Mon) 00:50:31) 
> @ミハエル、Aラルフ、Bアロンソ、Cバリチェロ、Dモントヤ、Eパニス。 (2003/05/05(Mon) 00:54:12) 
> なんだかピットストップで目まぐるしく変わるぞ!? (2003/05/05(Mon) 00:54:33) 
> 残り27周。。 (2003/05/05(Mon) 00:54:46) 
> ラルフとアロンソ。バトルしてたけどラルフがぁ〜・・・。 (2003/05/05(Mon) 00:58:05) 
> ダ・マッタが4番手!? (2003/05/05(Mon) 01:05:45) 
> やっぱり、飽きてきた。フェラーリが突っ走るレース! (2003/05/05(Mon) 01:07:53) 
> ミハエル、アロンソ、バリチェロが3回目ピットストップを終えた。 (2003/05/05(Mon) 01:10:54) 
> @ミハエル、Aアロンソ、Bバリチェロ、Cモントヤ、Dラルフ、Eダ・マッタ。 (2003/05/05(Mon) 01:11:23) 
> ついにTOYOTAがぁ〜。。。。 (2003/05/05(Mon) 01:11:39) 
> 明日、休みのF1観戦は楽だなぁ〜(^^) (2003/05/05(Mon) 01:13:44) 
> あと6周。ミハエルは5位争いの集団へ突入!? (2003/05/05(Mon) 01:20:42) 
> ミハエル優勝!アロンソも大喜びだ! (2003/05/05(Mon) 01:26:44) 
> 若手アロンソの母国2位に乾杯かなぁ〜(爆) (2003/05/05(Mon) 01:28:08) 

ウニャー(@_@;)

フェラーリのためのGPのようだ。


アロンソは本物なんだろうか?
いまだに疑心暗鬼。

ルノーはそんなに良くなったの?


ミハエルは前回の分まで楽しんでる。
それはそれでいいけど(^^)




  
天気:晴れ

1 M・シューマッハ   フェラーリ        B 1:33’46.933
2 F・アロンソ     ルノー          M       5.717遅れ
3 R・バリチェロ    フェラーリ        B       18.001遅れ
4 J−P・モントーヤ  ウィリアムズ・BMW   M     1’02.022遅れ
5 R・シューマッハ   ウィリアムズ・BMW   M         1周遅れ
6 C・ダ・マッタ    トヨタ          M         1周遅れ
7 M・ウェバー     ジャガー・コスワース   M         1周遅れ
8 R・ファーマン    ジョーダン・フォード   B         2周遅れ
9 J・バトン      BAR・ホンダ      B         2周遅れ
10 N・ハイドフェルト  ザウバー・ペトロナス   B         2周遅れ
11 J・ウィルソン    ミナルディ・コスワース  B         2周遅れ
12 J・フェルスタッペン ミナルディ・コスワース  B         3周遅れ
  <以上が完走>
  <以下がリタイア>              周回
G・フィジケラ    ジョーダン・フォード      44周
O・パニス      トヨタ             42周
H−H・フレンツェン ザウバー・ペトロナス      39周
D・クルサード    マクラーレン・メルセデス    17周
J・ヴィルヌーヴ   BAR・ホンダ         13周
J・トゥルーリ    ルノー              1周
A・ピッツォーニア  ジャガー・コスワース       0周
K・ライコネン    マクラーレン・メルセデス     0周

ファステストラップ R・バリチェロ 1'20.143
  
  


 
アロンソ!

次は一番上だ!

なんだか良く理解できないが・・。
キミが次世代のヒーローか?

ハッキネンも
ライコネンも
バリチェロも
クルサードも

ライパルは・・・。

バトン
トゥルーリ
フィジケラ

みんな先輩ばかり・・・。

キミの時代かもしれない(^O^)

 晴れ、気温26度、路面温度37度とまずまずのコンディションではじまったレース。スタート直後、走り出せなかったA・ピッツォニア(ジャガー)にK・ライコネン(マクラーレン)が突っ込み、J・トゥルーリ(ルノー)もタイヤ・バリアにつかまるなどアクシデントが多発し、いきなりセーフティーカーが入る波乱の幕開けとなった。M・シューマッハーも順調な滑り出しでホールショットを奪ったものの、直後にアロンソとの激しいポジション争いで勢いあまった僚友のバリチェロと接触するという冷や汗ものの立ち上がりだったが、その後は着実に後続を引き離して快走。3回のピット・ストップも無難にこなし、最後はアロンソに6秒近い大差をつけ、余裕でチェッカーを受けた。

 アロンソも奮闘。母国ファンの大声援を受け、スタートでは鋭い出足で一瞬バリチェロの前に出るなど最初から気合万点の走りをみせた。その後、3番手でチャンスをうかがっていたが、最初のピット・ストップ合戦でバリチェロを逆転。トップを走り帝王には及ばなかったものの、ペースが今ひとつあがらないバリチェロとの差を着実に広げ、自身3回目の表彰台をものにしてスタンドから大喝采を浴びた。

 J−P・モントヤ、R・シューマッハーのウィリアムズ・コンビが見事に2ストップ戦略を決めて4、5位。ダ・マタは着実な走りでポジションをあげていき、一時は4番手まで浮上。終盤、ピット・ストップでウィリアムズの先行を許したものの、最後までラルフと激しいバトルを繰り広げ、視察に訪れた豊田章一郎名誉会長、奥田碩会長の前で念願のF1初入賞を飾った。

 M・ウェーバー(ジャガー)は、前2戦とはうって変わって辛抱の走りを強いられたが、その甲斐あって7位。R・ファーマン(ジョーダン)も粘りの走りで8位に入り、F1初入賞を果たした。逆にJ・バトン(BAR)は、序盤から上位で走行を重ねていたが、18周目にD・クルサード(マクラーレン)と絡んで緊急ピット・ストップを強いられ周回遅れの最後尾まで後退。それでもポイントを目指して我慢の走りを続け、終盤にはファーマンの背後につけてチャンスをうかがったが、結局届かず9位。J・ビルヌーブ(BAR)は12周終了時にいきなりスローダウンし、そのままガレージに直行。O・パニス(トヨタ)も入賞圏内を快調に走っていた42周目にトラブルが発生し、グラベルにマシンをとめた。

 完走は12台。ポイント・リーダーのライコネンは、スタート直後にレースを終了。M・シューマッハーに4ポイント差と迫られた。さらにマクラーレンはクルサードもリタイアに終わり、フェラーリとの差が3ポイントまで短縮。次戦オーストリアGPの結果次第では逆転もあり得る状況にまで追い込まれてしまった。